酪農王国

酪農王国

food_butter

ケーキなどのスイーツには欠かせない「バター」。
これ、実は昔は塗り薬だったんです!

 

バターは、もともと遊牧民の間の食品でした。
これがヨーロッパに伝わったのは、紀元前五世紀のごろらしいです。

 

 

 ローマ人は、バターを野蛮人の食べ物だと言って、嫌っていたので、
長い間、食べようとはしませんでした。

 

それでは、何に使っていたかというと、
有名なローマ風呂などで使う、塗り薬として使っていたようです。

 

赤ん坊や幼児のからだを柔軟にするといって、盛んに使われたようです。
なんか、ベトベトして気持ち悪そうですがね…。

 

つまり、現在のオリーブオイルと同じような使われ方をしていたようです。

 

ローマの博物学者プリニウスは、

はちみつを混ぜたバターを歯ぐきにすりつければ、
歯痛に効くといって使用をすすめていました。

 

これは、食品よりもむしろ薬品的に考えられていたのでしょう。

 油脂を使うことが中心となっているヨーロッパ料理の中で、
イタリア料理だけはバターをあまり使わず、
オリーブオイルを使うのも、この歴史的な背景からきていると思われています。

 

バターがフランスで食べられるようになったのは、

六世紀ごろからで、

ベルギーでは十二世紀、

ノルウェーでは十三世紀になってから、

やっと盛んに食べられるようになりました。

 

 

もっとも、ポルトガル人は

紀元前六〇年ごろから食べ始め、

ガリア人は紀元二〇〇年ごろから、

主に食用にし始めたともいわれています。

 

 

ヨーロッパの中でも、

すすんで食用にした地域もあったのでしょうね。

 

このようにバターがヨーロッパ全体に普及したのは、

意外に新しくて、

バターづくりの機械が導入されて

工場生産されるようになったのは
十九世紀も末になってからのことなのです。

 

なんか、意外ですね~

日本でバターについて考えてみると…

いまだに、スーパーなどでは

1家庭1個まで!なんて表示されていますね

値上がりもするし、料理にはよく使うのに…

 

日本での酪農王国ってどこだか知っていますか?

それは、北海道の猿払村

北海道の大自然に囲まれた牧場で

自然の清流を飲み、

オホーツクの風によってもたらされる、
海のミネラルをたっぷりと含んだ牧草を

食べて育った乳牛がいます。

 

そんな環境で育った乳牛から絞った牛乳を使ったバターは

おいしくないはずないですよね…

【産直の庭】 池田

PS,料理人や食通から圧倒的支持を頂いているバターはこちら


Top