【二杯酢】

二杯酢

20160629

もともとは酢と醤油を一杯ずつ混ぜわせたから【二杯酢】と言います。

昔、江戸時代や明治時代では、一杯ずつ合わせてから、さらに煮返して、

そして、さましてから使ったようです。

 

最近では、料理や材料によって、酢と醤油の量を少し加減することもあります。

 

また、だしを加えることもあったり、

酒でやわらげる…

なんてこともあったりします。

 

本来の「二杯酢」の意味が薄れてしまっている感じですね。

二杯酢は、主に魚介のなますによく合いますよ!

 

【産直の庭】池田

 

 

 

 


Top