ジャムとマーマレードの違いとは?

ジャムとマーマレードの違いとは?

 

jam

もし、あなたが朝食にパンを食べる方なら、

きっと、バターやマーガリンの他に、ジャムやマーマレードを

食べることもありますよね?

 

この、ジャムとマーマレード、

同じ種類のもの…と

思われがちですよね。

 

実はこの二つ、明確に定義されているのです。

その規格はJAS(日本農業規格)です。

 

  • ジャムとは?

     
    主に果肉に加糖して煮詰めたゼリー状の食品。

  • 糖度40%の製品を指します。
  • 果肉の割合が45%を超えるものについては、特級ジャムと言います。

 

マーマレードとは?

 
ジャム類のうち、

柑橘類を原料として、そのも含まれるもの

をマーマレードと言います。

 

同じ原料にオレンジを使っていても、

皮を剝いちゃえば、ジャムになるってことですね。

 

ちなみに、果肉片が入らずに、

果汁だけを原料としたものは

JASの規格では、ゼリーと言います。

 

最近では、果肉の入ったミカンのぜりーなんてあるし、

あれはどうなのか?なんて考えてしまいますね。

 

暑い時期に、冷えたゼリーなんて最高ですよね!

【産直の庭】池田

 

 


Top