さばをよむとは?

鯖を読む

さなをよむ、たまに聞きますよね?

さばをよむ

あなたは、いままでに「さばをよんだ」経験はありますか?

よくあるのが、年齢、身長、年収、体重、体脂肪などなど…

結構自分自身のことが多いですよね。
 

芸能人なども「身長さばよみ疑惑」とかで週刊誌をにぎわしたことがるように、

少しでも自分をよく見せたいがために、ちょっと数字をごまかすことがよくある話ですね。

ところでなぜ「さばをよむ」というのでしょうか?

 

さばをよむとは?

この「さば」は、文字通りさヵなの「鯖(サバ)」から来ているといわれています。
 

鯖といば、青魚の部類。

青魚は総じて鮮度が落ちやすいと言われています。
 

なかでもサバは「サバの生き腐れ」という言葉があるくらい、

腐りやすいものです。
 

だから、魚市場では、売るほうも買うほうもとっても急いでいます。

早口で数を数えて箱に投げ入れるため、数はざっくり何匹とか…
 

あとから数えると数が少なかったり…
 

それにかこつけて、昔は数をごまかして打った人もいることから、

さばをよむという言葉がうまれたらしいです。
 

今はそのようなことはないと思いますがね。

サバだけでなく、せっかく買ったもので、数が少なかったら文句言いますよね~
 

【産直の庭】 池田

PS、おいしいサバをはじめ、静岡沼津の名産干物 【舌鼓の千両箱】はこちら

 


Top