果物と野菜の違いとは?

果物と野菜の違いとは?

果物と野菜の違い

甘いのが果物、甘くないのが野菜。

畑に出来るものは野菜、木になるのが果物…

などなどいろいろ言われていますね。

かぼちゃは火を通すと甘くなるし、レモンは想像しただけで酸っぱくなりますよね。

実は、この問題、人々はずーっとこの分類に悩ませ続けられています。

いちご、メロン、スイカは野菜??

 

 

◆はっきりとした定義がない!

率直に言って、明確な答えはだれも出せていないんですね。

農林水産省でも、はっきりとした定義はありませんと言っています。

野菜と果物(果実)の分類については、

はっきりした定義はありません。

あるものを野菜に分類するか果物に分類するかは、国によっても違い

日本でも生産・流通・消費などの分野で分類の仕方が異なるものもあります。

生産分野においては、一般的に次の特性を持つ植物が野菜とされています。
 

 ★田畑に栽培されること(栽培されていない山菜などは野菜と区別することが多い)

 ★副食物であること

 ★加工を前提としないこと(こんにゃくのような加工を前提とするものは野菜としていない。漬物のように原料形質がはっきり残っているものや家庭における簡易加工は加工に含まない)

 ★草本性であること
 

 しかし、どの定義も確固たるものではありません。 
 

また、農林水産省では、果実を、生産や出荷の統計をとる上で果樹として分類しています。
 

この果樹は、木本性などの永年作物のことをいいます。
 

なお、いちご、メロン、すいかなどは野菜に分類されますが、果実的な利用をすることから果実的野菜として扱っています。

なんかビミョーですね~

気になって広辞苑をしみてみましたが、

「草木の果実の食用になるのが果実で、生食または調理して、おもに副食用とする草本作物の総称が野菜」

となっていました。

 

私の知り合いのJAに勤めているひとがいるので、聞いてみました。

すると、JAでは

「身だけを食べるのが果物で、植物のいろいろな部分を食べるのが野菜」

と定めているようです。

 

このJAの分類が一番わかりやすいですかね~!

【産直の庭】池田

 

 

 


Top