へっぴり腰

【へっぴり腰】

へっぴり腰

 

へっぴり腰というのは、腰が引けて上体が前に突き出ている状態を言います。
 

 

つまり、なにか「ビビっている」時にへっぴり腰になりますよね。
 

お化け屋敷の中を歩くとき
 

揺れる吊り橋なんかを渡る時にもへっぴり腰になりますよね。

 

何となく、弱々しくて、情けない様子の人に

激を飛ばす時などに使われますよね。
 

よく、野球の練習などで、監督が選手に

「なんだそのへっぴり腰は!もっとボールに向かって行け~!」
 

なんて、場面が目に浮かびますね。
 

そもそもこのへっぴり腰って何でしょう??
 

「へっぴり」というのは、「屁」を「ひる」の意味で、

つまり、おならをするということなんです。
 

「へっぴり腰」とは、おならをするときの姿勢を表現しているのです!
 

でも実際におならをするときに、

腰を突き出したりはしませんよねw
 

【産直の庭】池田
 
 


Top