日本では、ソースや香辛料が発達しなかった理由

日本でフランス料理のように、

ソースや香辛料が発達しなかった理由

醤油

それは、醤油という万能の調味料があったらと言われています。
 
しょうゆは、塩味、甘み、苦味、うま味、酸味の5原味を備えた優れた調味料です。
 

醤油のうま味は、グルタミン酸を中心に

20種類ものアミノ酸で構成されています。
 

香りの成分は、300種類以上の成分が検出されています。

これはリンゴとかバラとかバニラとかと同じような成分です。

これらが、複雑に作用して、醤油の様々な働きをしてくれるのです。
 

醤油のはたらきとは?

 

  • ●うま味をつける
  • ●香りをつける
  • ●味を丸くする
  • ●生臭みを消す
  • ●風味を引き立たせる
  • ●色をつける
     
  • などです。

醤油は、結構種類がありますよね。

それは、日本各地で、その土地の嗜好に合ったものが作られているからです。
 

 

淡口、濃口、たまり醤油、白醤油、再仕込み醤油など5種類ですね。
 

なかでも濃口は、全消費量の80%以上を占めているといわれていて

幅広く使われています。

【産直の庭】池田


Top