【七味とうがらしの七味とは?】

【七味とうがらしの七味とは?】

七味

七味唐辛子と言えば、おそばやうどん、そして牛丼などにも

欠かせない調味料ですね。
 

とくにトン汁なんかにかけたら格別ですね。
 

しかし、メーカーによっては

中味の材料がちょっと違うのを知っていましたか?
 

風味のいい材料を合わせてありますよね。
 

7つの味に共通しているのは4つ
 

どのメーカーのものにも共通しているのは以下の4つです。

  • 粉末とうがらし
  • ごま
  • さんしょう
  • 麻の実
     
  • そのほかは
  • 干したみかんの皮の陳皮(ちんぴ)
  • けしの実
  • しその実
  • 青のり などなど
     

4つの材料をベースとして、

他の3つは、地域やメーカーによって違うんですね。
 

なので、必ずしも7つの味とも限らないようです。
 

七味は、江戸時代の初期に、漢方薬の影響から考案されて、

両国の薬研堀(やんぼり)で売り出されたのが始まりで、

関東では七色(なないろ)と呼ぶこともあります。
 

血糖の循環が良くなる!

唐辛子の成分はである、カプサイシンは、

血糖の循環をよくしたり、食欲増進に役立ちます。
 

 

でも、他の成分も含めて、一度に使うのは微量ですよね、

あまりにかけすぎると、メインの料理の味がわからなくなってしまいますので、

あくまで、料理のアクセントとして、、

適量使うようにしましょうね。
 

【産直の庭】池田

 


Top